最近ジョギングを始めてみた

私の家の近くには大きな公園にグラウンドが併設されており、その周りがジョギングやランニングができるように整備されていて、学生さんからご年配の方まで、幅広く利用されています。が、しかし、私は、利用したことがありませんでした。というより自分が利用すると思ってもいませんでした。 私の日常での運動といえば、家事と仕事の行き帰りくらいでしょうか。 何気なくいつものようにテレビを見ていると、自分の太ももの太さに驚いてしまい、テレビを見るくらいの時間は、スクワットでもしよう、と自分なりにエクササイズをしてみましたが、気になりだすと太ももの太さが気になってしょうがありません。そこで、せっかくの近くにジョギングコースがあるのだから、と毎日夜にジョギングをしようと決めました。 始めから、色々揃えるのも、と思い、家にある動きやすい服とシューズで出かけました。軽く走ってみようと走り出すと、自分が想像していた感覚と全く違いました。身体の色々な部分が揺れるというか、ぶるんぶるんとなるのです。引き締まった美ボディではありませんが、太っているとも思っていなかったので、身体の思わぬ揺さぶりに驚きました。やはり、身体は引き締まっている方がいいのだと改めて思った瞬間でした。身体がたるみ揺れるのを、自分の心が許さず、それを阻止しようと身体が力んでしまって、次の日は色んなところが筋肉痛になりました。 こんな事では、きちんと走れずに終わってしまう、と危機感が私を襲いました。 そこで、ランニングタイツを購入して使用してみたところ、いい感じだったので、続いてランニングインナーも購入しました。あまり、密着したものを身にまとうのは好きではありませんでしたが、自ら重力に勝てないのなら、なんとか身体からたるみの揺れを止める方法をとらなければ気になって走れません。そんなこんなでランニングシューズまで購入しました。しかも、足まで測ってもらいました。ここまでくると、そこそこ成果を出さねば、と思ってしまいました。軽い気持ちで始めたジョギングでしたが、今では、一周500メートルほどを10周近く走れるようになりました。何かを始める時は、三日坊主になってしまったら、と思うと揃えたりせずにいましたが、必要なものはあるんだな、と痛感しました。おかげで、今でもジョギングは続けることができています。自分のたるみを考えると、恥ずかしくて夜しか走れていませんが、朝のジョギングができるようになれれば、と思っています。