自分が子供の頃にやっていたポケモン人気はその後も続いている

ポケモンと言えば、日本人の多くが知っている存在で、実際にゲームとしてプレイしていたり、アニメを見ていた人というのも多くいるはずです。 私にとってポケモンというのは非常に思い出深いもので、子供の頃には夢中でやっていた記憶があります。 特にゲームは学校の友達がみんなやっており、私も同じくやっていて、共通の話題として完全に定着していました。 私は初代の赤や緑の頃からやっている世代であり、ポケモンの最初の頃を知っている人間です。 私が子供の頃には既に社会現象になっており、子供たちはこぞってポケモンをやっていて、やっていないと友達との会話に入っていないような状況でした。 それくらいポケモンは子供たちにとって当たり前のような存在だったのです。 私は小学校低学年くらいからポケモンを始めて、小学校卒業くらいまでやっていました。 当時でもポケモンはすごいブームとなっていたのですが、そのブームというのは勢いがすごい落ちることなく、現在まで続いている状態です。 私がポケモンをほぼプレイしなくなった後もポケモンは続編のソフトが次々と発売されていき、さらにはアプリなどでも人気を博すことになりました。 こういった状況というのは、正直言って子供の頃には全く予想がつきませんでした。 子供の頃にはポケモンがすごいブームだったので、この感じがしばらく続くんだろうなくらいには思っていましたけど、それからかなり時間が経ったものの、まだポケモンのブームはすごいです。 むしろ当時よりもすごいと言える可能性があり、当時は日本だけという感じでしたけど、今は世界的にブームです。 外国でもポケモンが好きという人はかなり多くいますし、アニメが海外に進出していったこともあり、その影響もあってポケモン人気は海外でもすごいのです。 日本だけだったのが世界にもブームが広がったという意味では、ポケモンの人気というのは、私が子供のとき以上のものになっており、本当にびっくりという感じです。 私は小学校卒業以来、しばらくポケモンからは離れていたのですが、こういう事実を知り、またポケモンをやりたくなってきたのです。 子供の頃は本当に夢中になってやっていましたが、大人になるとプレイスタイルも変わるでしょうし、そういった中でまた楽しみたいという気持ちが出てきたということになります。 大人でも楽しめるゲームですし、そういった部分というのもポケモンのブームがずっと続いている理由になると思いますから、魅力がかなり大きい存在と言えるのでしょう。